News(お知らせ!)

Blog(ブログ!)

以下、アーティスト田野城寿男のブログになります。田野城寿男が提案する元気になる音楽教育。

Facebookページに「いいね!」してください(スタッフ)

いつも田野城を応援していただき、
ありがとうございます

Facebookページを活用し始めました

Facebookをご利用の皆様は ぜひ

『このページに「いいね!」』

のボタンをポチッと押してください

また

”枠にはまらない自由でオリジナルな音や音楽”

を追求している田野城や

そのコンセプトで皆さんにも愉しんで
楽器演奏や作曲編曲などを学んでいただく場

「田野城塾」を応援してくださる皆様は

『シェア』

も合わせて押してくださると
とても嬉しく思います

今後とも どうぞ宜しくお願いします

(スタッフより)

超重量級ファンキーベース炸裂 ♬

171205.jpg

昨夜は友人の企画ライブ‼️

にサックスで花を添えて来ました♬

一度は死にかかった男が遂に谷底から這い上がってきた‼️

ポップ、ロック、フュージョンと楽しかった!

また会おう♪

あの名曲ソウルナンバーも…♪

171124.jpg

皆さん、こんにちは‼️

札幌は朝からは雨…
明日からまた雪だそうです♬

さて、僕はこれから東京入りします!

明日は横浜馬車道Kings Barでライブに参加してきます♬

僕が滅多に演奏することのない選曲ばかりなので楽しみです!

あの名曲ソウルナンバーも入っていますよ♪

みんな来て下さいね‼️

それでは、会場でお会いしましょう☆

171124_2.jpg

(昨日の記事を掲載してますので、本日夜がライブです♪ スタッフ)

皆様、こんにちは ♪

171119.jpg

ウイークエンド、いかがお過ごしですか⁉️

札幌は昨夜雪が降りました☃️

見慣れた風景再び… ♬

今日も一日、寒さと一緒に北海道を楽しみたいと思います♬

それでは皆様も素敵な週末をお過ごし下さい ☆

(スタッフ転載)

陽気なラテン野郎〜ギタリスト植木啓示と横浜でセッション♬

171116.jpg

彼と知り合って30年が…♪

帰国して大阪に住んでいた僕は
東京のレコード会社と契約して横浜へ移り住みます。

当時20代半ば辺り。

彼とはその頃知り合います。

と言うことは30年は経ったかな…

新天地横浜で勢力的に音楽活動を行っていましたが
ある時期ぴたりと音楽業界から遠ざかることがありました。

理由は長くなるので、また次回 ♬

遠ざかること約1年。

何もする気がなく
当然貯金も底をついてしまいます。

食料もなくなり
部屋には山積みにされていた
バドワイザーだけとなりました笑

バドワイザーは米軍基地からの横流品♪
横浜らしいでしょう?笑

新年を迎ようとする一週間前あたりから
このビールと水道水だけで
空腹を凌がなくてはいけない状態が続きました。

彼はそれを知ってか⁉️

多分知らなかったと思われますが
何の前触れもなく大晦日におせち料理を持ってきてくれたのです。

ヤッタ〜♬

お腹の空いた僕にとって
まさに天からのプレゼントでした‼️

本当に感謝の一言♬

そして来週♬

そんな彼…陽気なラテン野郎〜ギタリスト植木啓示と
横浜キングズバーで今年2回目のセッションをします♬

キーボードは…大西順子⁈ 上原ひろみ⁈
勝るとも劣らない ロミヒ ヒロミ。

ベースは寡黙なテリー後藤。

ドラムスは、
横浜ミュージックラボレギュラーメンバーで
バークリー音楽院後輩の徳永康之。

いったいどんな夜になるのでしょうか⁉️

今からとても楽しみです

(スタッフ転載)

▼ライブ詳細▼
UK×Tanoshiro & Friends SUPER GIG!

 11月24日(金)@King’s Bar (横浜)
 19:30open 20:00start ¥2,800+order別

このブログの最新記事 田野城寿男の音楽教育

ブログ内検索
ブログ カテゴリー
現在、1182個の記事を掲載しています。
ブログ バックナンバー

myspace.com
MySpace:田野城寿男 »
↑ 楽曲視聴もできます。

音楽のことで悩んでいる人へ

ホ−ムペ−ジを開設してから、僕のもとに「アメリカに行きたい!」「留学したいのだがどうすれば良いでしょう・・・」「サックスを使って即興演奏をしたい!」など、数多くの熱いメッセージが届けられている。こういった意見が届くたび、かつて僕もあなた達と同じ時期、心に抱き漠然と悩んでいた事を懐かしく思う。

田野城寿男プロフィール

サックス・プレーヤー。1958年生まれ。78年、ボストンのバークリ−音楽大学入学。在学中、ニューヨークでデイブ・リーブマンにサックス、フルート、音楽理論を師事。・・・91年、「25周年記念 スイス・モントルー・ジャズフェスティバル」に出演。この年、特別プロデューサ−として迎えられたクインシー・ジョーンズは、田野城の音楽とオリジナリティを「おまえは誰にも似ていない」という言葉で認め、抜擢した。

Tano-ism(タノイズム)

世界共通の言語である音楽は、国や民族、宗教の違い等を超えて、人の心を豊かにしたり、幸福にする力を持っています。だから音楽をする人間は地域や社会に貢献できるし、貢献していくべきなのです。

僕の言葉では、音楽は、人が人を想う「愛」だということになります。

田野城寿男が考える音楽教育

私は小学校から高校に至る迄、大の学校嫌いでした。
登校拒否に無断欠席は当たり前。もちろん、塾なんて行った事がありません。何故かというと、私にはどうしてもわからなかったからです。

携帯電話でもtanoshiro.com!

当サイトは、携帯電話でも閲覧することができるモバイル版をご用意しています。
電車での移動中や空き時間などで、アーティスト田野城寿男の世界、また、田野城が提案する音楽教育に是非触れてみて下さい!
モバイル版
http://www.tanoshiro.com/m/
モバイル版

このページのトップへ
サイトプロデュース:next global jungle